NEWS

ニュース

2021年4月22日

Space BDが導電性繊維の開発と打上げ前テストに関する論文で紹介されました。

Space BD株式会社は、Juliana Cherston氏に国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟船外の簡易曝露実験装置(ExHAM)の利活用サービスを提供しています。Space BDはCherston氏の論文“Large-Area Electronic Skins In Space: Vision and Preflight Characterization For First Aerospace Piezoelectric e-Textile”の中で協力会社として紹介されました。

Cherston氏は米国マサチューセッツ工科大学(MIT)にて「SpaceSkin」と名付けた新しい布地の研究をしています。SpaceSkinは導電性繊維(eテキスタイル)で織られた布地で、人間の素肌のように刺激を検知することが可能です。この機能により、SpaceSkinはスペースデブリの衝突等のデジタル検知が可能になり、ISSの外壁や宇宙服への応用が期待されています。

今回の案件では、SpaceSkinの宇宙空間での耐久性を実証します。また、本件はSpace BDとして初のExHAM案件となりました。

 

Juliana Cherson氏論文全文 : https://resenv.media.mit.edu/pubs/papers/SpaceSkin_Submitted.pdf

 

その他の記載はこちら:

MIT News : https://news.mit.edu/2020/fabric-iss-space-1125
MIT Media Lab : https://www.media.mit.edu/projects/SpaceSkin/overview/

 

  • JAXA初の事業化案件に選定されました!

    ISS日本実験棟「きぼう」からの

    超小型衛星放出事業者に選定

  • JAXA事業化案件 第二弾!

    JAXAより唯一の民間事業者として

    船外実験装置「i-SEEP」利用事業者に選定

  • JAXA事業化案件 第三弾!

    H-IIAおよびH3ロケット相乗り超小型衛星
    打上げ機会の提供事業者に選定

  • JAXA事業化案件 第四弾!

    HTV-X 1号機における
    超小型衛星放出技術実証ミッションの
    実施企業に選定

  • 日本初の宇宙利用プラットフォームサイト
    “Space for Space”を運営しております!