NEWS

2019年1月11日

福井工業大学「ふくいPHOENIXプロジェクト」に参画、ISS「きぼう」からの衛星放出サービスを提供

PDFはこちら

左からSpace BD桃尾一馬(衛星打上げ事業部長)、福井工業大学 中城智之(電気電子工学科 教授)、 Space BD金澤誠(事業開発部長)

 

Space BD株式会社(東京都中央区日本橋室町1-5-3 福島ビル7階、代表取締役社長 永崎将利。以下“Space BD”)は福井工業大学(福井県福井市学園3-6-1、学長 掛下知行)が取り組む「ふくいPHOENIXプロジェクト」(以下“本プロジェクト”)に参画し、同大学が開発する3Uサイズの超小型衛星2機(「FUT-SAT-1」、及び「FUT-SAT-2」)について、ISSからの衛星放出に関するサービスを提供することに合意しました。
本プロジェクトは、文部科学省「私立大学研究ブランディング事業」に採択された研究プロジェクトで、衛星等から得られたデータを活用し、人工光の放出の監視と光害の評価により星空保護の推進に役立てます。

 

Space BDは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から選定を受けているISS「きぼう」からの衛星放出サービス事業者として、本プロジェクトにおいてISS「きぼう」から放出される2号機目の衛星「FUT-SAT-2」に関して、一貫型の打上げ・放出サービスを提供いたします。また、JAXA有償利用制度の枠組みで打上げられる1号機目の衛星「FUT-SAT-1」についても、衛星放出に向けた技術インテグレーション面でのサポートを提供いたします。
Space BDは引き続き、ISS[きぼう」の価値最大化に向けた需要開拓及び新規事業立上げを国内外で加速してまいります。また、本プロジェクトへの参画を契機に、宇宙事業による地方創生に資する取り組みを強化してまいります。

 

■ Space BD株式会社について

Space BDは、宇宙の産業化に向けたあらゆる課題にワンストップで対応可能なプラットフォームとなり、技術開発を必要とする事業者の負担を軽減することなどにより、産業発展に貢献することを使命に2017年9月に設立された宇宙ベンチャーです。 2018年5月にJAXAよりISS「きぼう」からの衛星放出サービス事業者として選定され、ISSを核とした地球低軌道領域の商業化に向けた事業を推進しています。
Space BDの詳細はこちらから: space-bd.com

 

■ ISS「きぼう」からの衛星放出を希望する方へ

50kg級以下の超小型衛星放出機会について、利用者を随時募集しております。お申込みをご希望の方、また本事業に関するお問い合わせにつきましては、下記メールアドレスまでご連絡ください。
Space BD株式会社(担当:桃尾)
Mail:info@space-bd.com
TEL:03-6264-7177

 

■ 『ふくいPHOENIXプロジェクト』についてのお問合せ先

福井工業大学 地域連携研究推進センター 社会連携推進課
“ふくいPHOENIXプロジェクト”担当 村井一寛
TEL:0776-29-2661
Email:k-murai@fukui-ut.ac.jp

 

open close